『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

どう思いますか?

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『どう思いますか?』というエッセイを書きましょう。

質問箱やマシュマロによく届くのが『~について、どう思いますか?』という質問です。基本的には『どうも思いません』が答えになるでしょう。本当に何も思っていないからです。どうでも良いと思います。一応言っておくと、こういう質問が届くのは嫌ではありません。普段は考えもしないことを考える切っ掛けにもなるので、良い質問だと思います。

送られてくるのは『時事ネタ』が多いように思います。最近あった、この事件についてどう考えますか、みたいな。僕はリアルタイムで皆が話していることについては、極力話したくありません。何を話しても誰かが言っていることのように感じるからです。独自性を出すのが非常に難しいのですね。時事ネタで独自性を出すのがうまいのは東浩紀さんですね。ラジオで時事ネタについてお話されるのですが、散々話されてきたネタにもかかわらず、切り口が新しいなぁ、と感心させられます。

きた質問には、すべて答えているはずです。もしかしたら、マシュマロの自動削除機能などでネットの海に消えていったものもあるかもしれませんが……。たぶん、家族に関する質問とか、セクシャルな質問以外には答えると思います。最近、ちょっと脊髄反射的に答えているので、もう少し考えて答えたいところです。あとは講談社ラノベ文庫に関する質問にも答えられません。これは答えたくないとかではなくて、答えられるほど事情を知らないからです。

質問に答えることが面白い、というのは、森博嗣さんがかなり昔にやっていらっしゃいます。本にもなっていて『臨機応答・変問自在』というタイトルですね。最初はこれを真似して、変な答えをしようかと考えていたのですが、いまは素直に思いついたことをストレートに答えています。あまり思考の切れ味などは見せられませんが、まあ、親近感がわくような、等身大の返事ということで……。

僕も昔、森博嗣さんに質問したことがあります。どうすれば自分の小説を客観的に読めますか、という質問でした。これに関しては非常に有用なお答えをいただけたので、嬉しい限りでした。いまも自作を読み直すときは、森博嗣さんの教えを守っています。どういう教えなのかは……秘密です! 森博嗣さんのブログに書いてあるので、探していただければよろしいかと……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です