『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

目立ちたくない

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『目立ちたくない』というエッセイを書きます。

毎日のように日記を書いているし、Twitterもやっているし、最近ではゲーム配信をはじめました。どう考えても目立ちたいやつの行動ですけど、本当は、まったく目立ちたくありません。極力、こっそり、隠れて生きていきたいのです。だから小説を書いているといっても過言ではありません。

Twitterを好きでやっているわけではありません。あまり他人の意見を見たいとも思いませんし、コミュニケーションを取りたいとも思いません。じゃあやめろよって話なのですが、いろいろと思惑があってつづけています。我慢してやっている、というほどでもありません。やっていて楽しいこともあります。しかし、やっぱり、本音を言うとやめたいのでしょうね。ちょっと弱音を吐いてみました。

ブログも書きたくありません。というほどでもないですが、やはり、書かなくて良いなら書かないほうが良いですね。本当は何もしたくないのです。一日中、だらだらと本を読んだり、散歩をしたり、音楽を聴いたりして過ごしたいのです。そういう日々を実現するために、ブログを書いたり、Twitterをやったり、ゲーム配信をしたりしているのですが、本当に効果があるのか、とか、何をやっても無駄ではないのか、とか、ちょっと考えてしまうわけです。そして、たぶんほとんどすべての行動は無為に終わるでしょう。そのこともわかっています。ただ、一縷の望みではないですけど、何かがあるかもしれない、という微かな希望を追って、いろいろと行動をしているわけです。

疲れたので短いし途中ですが終わります。つづきはまた明日。日記を書く気力が失せている日もあるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です