『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

リスタート

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『リスタート』という記事を書きましょう。

僕のTwitterを見ている人は知っていると思います。実は、インフルエンザのA型にかかっておりました。今週から仕事にも行きはじめています。随分と体調は戻っていたのですが、それでも日記はサボっておりました。これは、やる気がなかったのが原因です。書こうと思えば、水曜日くらいから更新できたと思います。

何かアクシデントが起きて、作業を途中で投げ出してしまう、ということがあるでしょう。たとえば、小説を書いていて、病気にかかってしまったり、とかですね。どうしても作業を中断しなければならなくなるわけです。そのあと、リスタートするのが難しい。どうしてもサボってしまいがちです。

リスタートのコツは、自分を責めないことです。アクシデントは仕方がないと諦めましょう。また、休んでいた分を取り戻そう、と頑張りすぎないことも大事です。1週間休んだから、その分を取り戻そうと頑張りすぎて、再び体調を崩してしまうかもしれません。溜まった仕事を見て、うんざりする気持ちになるかもしれません。

僕の日記も2週間くらいお休みしたわけです。いまから14日分の日記を書いて、取り戻さないと! と思ってもダメでしょう。読者の数がほとんどゼロですし、もとの更新ペースに戻しても、なかなか読者は増えないでしょう。一度休むと、信頼を取り戻すのには長い時間がかかります。それでも、諦めずに、投げ出さないことが大事だと思っています。

同じような例ですけど、受験勉強でも同じですね。たまにサボってしまうときがあるでしょう。勉強は、サボるとそれだけ能力が落ちますから、サボった自分を責めたくなると思います。それでも諦めずに、もう一度立ち上がることが大事です。ゆっくり、自分のペースで良いから、歩みを止めないことですね。

一番良いのは、どこかで自分が失敗すると想定しておくことです。自分なら、これくらいのペースでサボるだろうから、それをスケジュールに組み入れておこう、みたいな。月に2日まで病気とか、やる気がないとかで休んでも大丈夫なようにスケジュールを組むとか。そのような調整ができるようになると完璧です。自分を日頃から観察して、コントロールできるようになると便利ですね。僕も、まだそこまではいけていません。

そういうわけで、リスタートです。今月は、いろいろやることが多いのです。なんとか乗り切りたいと考えています。インフルエンザでスケジュールが崩壊しており、どうしたものか、という感じですけど。目の前の仕事を、ひとつずつこなしていこうと考えています。他が忙しくて、たまに日記を休むかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です