『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

[書評]講談社デザート2019年4月号の感想②

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『講談社デザート2019年4月号の感想②』という記事です。昨日書いた①のつづきです!

放課後、恋した。 満井春香

えっと……そうそう、文化祭なのでした。

渚か桐生か、どっちなんや? なあ! どうなんや!?(興奮しすぎ)

前回出てきた井波ちゃんって子も可愛い! どういう風にお話をかき回すのか……。

渚って呼べない夏生ちゃん。そっか~。呼べないか~。こっちか~~~~。こっちなのか~~~!?

そしてラストの宣戦布告。どうなってまうんや!?

 

甘くない彼らの日常は。 野切耀子

前回が1話目だったんだよね。さて、あの後どうなるのか……。

学校に来てくれるようになった3人。なるほど……。孤立している……。

僕も結構高校はサボっていたので親近感がわきました(あんまりこの感想はないでしょう)。出席日数ぎりぎりまでサボって、調整して単位を取っていたのも遠い昔です(自分語り……)。

イケメンに悪い人はいないじゃん! は面白いんだけど、『支離滅裂な思考~』は、ちょっと不用意かな~と思います……。これ、出版社がそういうコラで使うのやめてくださいって通達を出してるんだよね。

ネットで大喜利化していた「支離滅裂な思考・発言」コラ 出版元が「厳に慎んでいただけますよう」注意を促す

コラではないけど、このネタは編集さんが止めるべきだったかと思います。時事ネタとしてもちょっと古いし……。でも、この漫画が面白いことには変わらないので! 引きつづき応援しています! できれば単行本にするときに直してほしいな~。面白い作品なんだから、そういうところで隙をつくらないでほしい、みたいな……。まあ、こんな場末のブログで言っても届かないでしょうけど……。

今回で、3人は随分クラスに馴染めたみたいだけど~。今度は、逆に緑ちゃんが嫉妬する、みたいな展開なのかな~?

一条くんに助けられる緑ちゃん。良いイベントすぎる……。

 

リビングの松永さん 岩下慶子

最近、シェアハウスって結構良いと思ってて~。なんかそういう小説書きたいというか~。シェアハウスに住んでみたいっていうか~。なんて自分語りを……。

えっと、結婚式か。良いね……。なんか、荘厳な式でなくとも、こうやって仲間に祝われるのって、良いよね……。こういうのが本当の幸せなのかも、なんて思ったりする。服部さんも可愛い。良い花嫁さんや……。こういう漫画を読むと、家族って良いなあ~って思うよね。僕も花嫁になりたかったな……(お?)。

ミコちゃんが泣いちゃうのもわかる。読んでてちょっと泣きそうになった……。

っておい! ラストどうなんねん! 次号どうなんねん! おいおい!

 

セキララにキス 芥文絵

ラストまであと3回!? そっか……。もうそんなにか……。

樹くんが好きなんです、のコマ美しすぎる……。

切ない……。

お兄さんに感情移入して読んじゃう……。

なんで話してくれなかったの、のコマも良すぎる……。美しすぎる……。

ラスト、ついに決意……。うーん。本当に終わっちゃうのね。悲しい。

 

と、ここで1200字を越えたので、そろそろおしまいです。Kindleだと48%か……。あと2回くらいつづきそうですね。ぼちぼち書いていこうと思います。それでは!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です