『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

[書評]講談社デザート2019年3月号の感想③

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『講談社デザート2019年3月号の感想③』という記事です。まあ、一昨日の①昨日の②のつづきです。

今回は別冊(?)のデザート・ピンクの感想になります。雑誌を電子書籍で買っているため、別冊というのがどういう扱いなのか、よくわかりませんが……。

なのに、千輝くんが甘すぎる。 亜南くじら

えっと、まずは、発売になった1巻のつづきの5話が再録されているようですね。

こういう、コミックスをしっかり売ろうという構成はさすがです。

片想いごっこだったはずなのに、恋心を自覚してしまう真綾ちゃん。

というか、ここまでアレならつきあっちゃえよ~とか外野からは思ってまうよね……。

つづいて6話。

ちぎらくんの好きなものを自分も好きになりたくて、マラソンをはじめる真綾ちゃん。

健気やな~~~。足の治療を受けてるときに『ペディキュアしとくんだった』とか~~~。

たしかに~~~。同じ状況になったら同じこと考えそう~~~。

そしてラスト。ほっぺかよ~~~~!

 

未完成でも恋がいい 倉地よね

いや~、デザートで絵が1,2を争うくらい好きかも。

定番だけど、恋のライバル登場! 良い! 王道だけど、それが良い!

ライバルの咲ちゃんも可愛い! 絵が良い!(そればっかり)

倉地よねさんは、絵がすごく良いから、大漫画家になる予感がする……。

そしてラストさ! ほえ~。どうなってまうんや~~~。

 

シロー先輩のひつじちゃん かみのるり

うーん。絵が結構好み。めいめいが可愛い……。

添い寝フレンドって良いね!

こんなの、少女漫画じゃなかったらやられてるで!(少女漫画だから大丈夫)

……と思ってたら最後! 少女漫画でも!

 

面と向かって恋になる 空垣れいだ

ちょっと怖そうやけど、紳士かつ真摯な剣道部の先輩に憧れて……か。良いね!

つばぜり合いをここまでエッチに書いたのははじめてかも!

やっぱラブストーリーはハッピーエンドじゃないとね……。

 

私がリップをつけたのは。 かぺる

うーん。照れてる表情がうまい。男も女も。

そういうところは本当に武器になると思うんよね。素晴らしい。

展開は王道なんやけど、しっかりまとまってて面白い~~~。

これね、伝わらへんと思うけど、かなり好きな作品やな~~~。

ヒロインの個性が強い漫画やと思うから、今後、どういうタイプの漫画を描くんか楽しみや!

 

キミオモヘアピン 久遊あさこ

往年の矢沢あい先生を彷彿とさせるタッチや(褒めすぎ?)

キャラの感情が、ストレートに表情に出るタイプの絵で、すごく良い!

可愛らしくするのって恥ずかしいけど、でも……みたいな、思春期に悩む部分がしっかり描かれている!

今後の作品が楽しみ!

 

大人の問題提起シリーズ かわき ももち 麗子

可愛らしい絵柄なんやけど、ストーリーはダーク!

こういう風に、過去の作品も、しっかり宣伝として雑誌に載せてくれるんはありがたいよね。

新しい漫画と出会う切っ掛けになるし。

ラスト、どうなるんやろ~って気になる~~~~!

 

そんな感じでデザートの感想でした!

今後もつづけていきたい!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です