『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

テレビの時代は、いつまでつづくか?

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『テレビの時代は、いつまでつづくか?』という最近の話題に関するエッセイを書きましょう。

最近、もっとも多くの人に届いたニュースは『M-1グランプリ』の件ではないでしょうか。簡単に書くと、審査員の方に対し、今年審査された方、前年度優勝された方が批判的な発言をした、というようなニュースだったと思います。まだまだテレビの力は強いのかな……と少しだけ考えてしまいますね。

さて、この世に広まっているニュースの大半は宣伝です。単なる情報、というものは少ないのですね。今回のニュースであれば、お笑い芸人の名前が知られるわけですし、それに『M-1グランプリ』という名前も広まるわけです。おそらくニュースを配信する側は、読み手が読みたいものを提供していると言うでしょう。しかし、僕の考えでは、多くの新聞社、テレビ局は、自分たちの発信したい情報(というか宣伝)を広めているに過ぎません。

テレビの視聴率は昔と比べたら減っているはずです。視聴環境が多様化していますしね。録画して見る人も多いですし。あとは見逃し配信とかで、後からインターネットで見る人も多いはずです。それにBSやCS、Netflix、Youtubeなど面白いコンテンツもたくさんありますから、客の奪い合いが起きていることでしょう。それでも、まだまだテレビは強いということですね。

かつて、民主党が政権を取った時代がありました。もう民主党という政党自体がありませんけど。その頃はニコニコ動画の調子が非常に良く、新しいコンテンツが次々に生まれていました。動画をつくれるのはプロだけではない。アマチュアでも素晴らしいものがつくれるのだ、というようなムードがありましたね。あの頃は、おそらくテレビというものは老人以外、誰も見なくなるものだと思っていました。僕が想定していたよりも、テレビの影響力は、まだまだ強いですね……。

結局、新聞社もテレビ局も、少しずつ力は弱まっていくと思います。収益源の確保が難しいでしょう。おそらく、テレビの宣伝力がいまいちだという話にどこかでなります。そうなって広告が離れはじめると早いでしょう。いまでも不動産の収益でもっている、と噂されている局だってありますしね……。新聞社もなかなか大変だと思います。これから購読者が増えるとは思えません。少しずつコストカットをしていって、潰れることはないにしても、最終的には適正な規模になるでしょうね。いまほどの影響力は持たなくなると思います。

しかし、テレビ局よりも先に、インターネットのほうが劣化したように感じるのは僕だけでしょうか。昔のインターネットは、もっと面白かったけどなぁ……(老害)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です