『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

剃毛の話

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『剃毛の話』というエッセイを書きます。

最近、アクセス数を稼ごうとして創作に関するエッセイを多めに書いていたので、バランスを取るために誰も読みたくないであろうエッセイを書くことにしました。こういう風にいろいろバランスを取っていくのが、わたしの特徴ではないかと思います。

さて、剃毛の話です。わたしは剃毛をしています。毛が邪魔だからです(普通)。そのうちレーザーで脱毛をしたいところですが、なかなかお金の関係もあり手が出せていません。あとレーザーって怖くないですか。体に穴とか空きそうですし(空かないと思う)。レーザーが怖いのは、バイオハザードという映画を子供の頃に見たのが影響していると思います。レーザートラップといって、人間の肉体がレーザーでサイコロステーキみたいにバラバラにされてしまうシーンがあるのです。怖かったですねぇ……。

そういうわけで(どういうわけや?)、ブラジリアンワックスを使ってみたり、いろいろしていたんですけど、最近は剃毛専用のトリマー(?)なる器具でやっています。そこまで完璧な剃毛を必要としているわけではないので、トリマーでガガっと剃ってしまえばそれで良いことに気づきました。

剃毛は、処理したあとの毛をどうするか、という問題が難しいですよね。そのまま排水溝に流して詰まったりしたら嫌ですし。こまめに剃っていれば大丈夫なんでしょうけど、しばらく放置していて長い毛だと大変なことになりそうです。いまは、自室でゴミ袋のなかに入って剃っています。端から見たら変態だと思いますが、まあ、そういう趣味の方と思われるかもしれません(どういう趣味や?)。

剃毛したあとは、ちょっと温泉とかに行きづらい気がします。誰も他人の毛事情なんて気にしないでしょうか。やっぱり、ぎょっとするものですかね。あまり他人の目が気にならないわたしですけど、うーん、やっぱりちょっと気になってしまいます。知り合いがいないときは良いですけど、知り合いと温泉へ行く、みたいな話になると、ちょっと嫌ですね。まあ、そういう状況にはならないように気をつけていますけど……。

そういえば、毛が生えているところは、人間にとって大事なところだって言いますよね。股間は生殖に関係していますし、頭は脳がありますから。脇とかは太い血管があるとかきいたことがあります。眉毛も睫毛も眼球を守っているわけです。そこで思いついたんですけど、首にも毛が生えていて良くないですか。首の血管って太そうな気がしますけど。うーん。あ、そうか、髭がありますね。剃っている人が多いから忘れていましたが、髭を伸ばして首を守るのが自然なのかもしれません。しかし、男性は髭で守れますけど、女性は髭が伸びませんよねぇ……とか、いろいろ考えてしまいます(どうでもよろしい)。

陰部の剃毛ですが、一度剃ってみると、なかなかの爽快感があります。試しにやってみると良いかもしれません。まあ、パートナーがいらっしゃる方は、相手の好みもあると思うので、一応きいてみたほうがよろしいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です