『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

『論破力』の感想

こんにちは! 河東遊民です。

今日はひろゆきさん(西村博之さん)の書いた『論破力』の感想記事を書きましょう。

いまの若い人たちが御存知かわかりませんが、ひろゆきさんというのは2chの管理人でした。いまは5chなのでしょうか。ちょっと、そのあたりの事情が全然わかっていませんけれど。彼はたまにYoutubeで配信をしていて、なかなか面白いことを語っていますチャンネルはこちら。たくさん本を読んでいらっしゃるので知識が豊富ですし、頭もすごくキレますね。極論は多いですし、たまに知識として間違っていることもあります。それでも、『普通』ではないところが素晴らしいです。全面的に信頼して良いわけではありませんが(そもそも、全面的に信頼して良い人間など、この世に存在しないと思う)、何かを考える切っ掛けを与えてくれる人だと思います。

僕は、この手のコミュニケーションを主題にした新書を、かなりたくさん読んでいます。それは、僕は非常にコミュニケーションを不得手としているからです。それはインターネットで僕を観察していれば、よくわかることでしょう。ちょっとでも改善できたら良いな、ということで読んだわけですが……。

ひろゆきさんの良いところが出ている本でしたね。ほとんどすべてのことに『些細なことだよ』といってしまえるシニカルさ。そこが素晴らしい。僕も、そういう部分があるので共感してしまいます。いつものひろゆきさんなので、まあ、こういう軽薄さが嫌いな人には受けない本でしょう。

目のつけどころが素晴らしいし、考えがストレートだし……。とにかく、ひろゆきさんって正直者なんですよね。普通の人ならごまかすところを、ごまかさずに正直に書くから、怒る人は怒ると思うんですね。でも、常識とかをすべて捨てて、しっかりと観察してみると、かなりまっとうなことを言っているとわかるはずです。

肝心の論破力についてですけど、実践で使えるテクニックも載っています。こういう新書を読むときは、全部を吸収しようとする必要はなくて、自分に使えそうなアイディアが1つか2つくらい見つかれば良いな、という風に読むと良いと思いますね。

まあ、なんというか、僕はこの本を読んで、議論は無意味だからやめようと決めました。ある程度、正しいと思うことは主張していきますが、1対1で説得しようとするのは無意味だな、と……。思い込んでいる人には何を言っても無駄なのです。こちらの意見も、すべて決めつけて、勝手な受け取り方をされますしね。

また、定期的に読み直したいですね。素晴らしい本でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です