『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

ウサギとカメ

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『ウサギとカメ』というエッセイを書きましょう。

すみません、ちょっと忙しいので乱文です。

ウサギとカメの童話は御存知かと思います。ウサギとカメが競争をすることになります(なぜ?)。ウサギは競争の途中で休んでしまうのですが、カメはウサギが寝ている間も頑張って、コツコツと走りつづけ、ついにはウサギを追い越してカメがゴールするのです。詳しい話は覚えていませんが、まあ、そんな感じだったかと。この話から得られる教訓は、才能があっても怠けるな、ということですし、努力をつづけていれば怠けている天才には勝てるかもしれないよ、ということでしょうか。

実際のところ、どれくらいの長さのレースなのか、ということでも変わってくると思います。たとえば、ウサギとカメが死ぬまでにどれだけの長さを走るか、という競争だったとしましょう。ウサギの寿命は野生だと1~2年、カメの寿命は野生でも100年ほど生きるという話です。さて、いくらウサギのほうが速いとは言っても、100倍の長さを生きれば、さすがにカメのほうが長く走れるのではないでしょうか。うーん。どうなんでしょうね。カメって泳げるし……。

人間の場合、ウサギとカメほどの差はないように思います。だからこそ、コツコツ頑張った者が勝ちやすいでしょう。どうやって時間を捻出して、他の人が遊んでいるとき、だらだらしているときに作業を進めるか、ということが大事になってきます。年末年始なんかは、特に差が開くところでしょうね。毎日、隙間時間にコツコツと進めていけば、1年後には積もり積もって大きな差になっているかもしれません。

やっぱり時間を効率よく使うことが大事だと思います。自分にとって不要な時間を、どんどん減らしていくことですね。お正月とか、やめてしまったほうがよろしいかと思います。お酒を好きな人もいると思いますが、お酒は飲むと思考力が低下しますから、やめておいたほうが時間の節約になります。もちろん、お酒を飲むことで思考が明晰になる人もいるでしょうし、酒を飲まないとやってられないよ、という人がいるでしょう。そういう人は、飲めばよろしいかと。僕は、そもそもお酒を飲めない体質なので、酒で時間を潰さなくて済むので得をしたな、と思っています。

もっともっと時間をつくっていかないとなぁ、という感じですねぇ……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です