『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

ポケモンカードが流行っている

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『カードゲーム』について書きましょう。

僕のインターネット世界では『ポケモンカード』が流行っています。これは、おそらく僕の所属している世界だけの現象だと思います。普段からドラマを見たり、アイドルを見たりしている人とは、まったく違う世界を生きているということです。Googleは検索する人にあわせ、どんどん検索結果を変えていくので、人によってまったく違う世界を見せます。そのことは常に意識しておいたほうが良いでしょう。自分の見ている世界は、他人とはまったく違う世界なのです。

昔からカードゲームが好きでした。過去の話をすると長くなりますが、まあ、いろいろありましたね……。これについては、またいずれ。ひとつ言えるのは、カードゲームがなければ、ここまで人生を踏み外していなかっただろうということです。もしくは、とっくの昔にダメになって死んでいたかもしれません。それくらい僕の人生を大きく変えたものでした。

カードゲームの面白い部分は、いろいろあります。もっともわかりやすいのは、当たりが引けたときの快感でしょう。昔はパックでカードを買うのではなくて、カードダスといって、100円で4枚出てくるタイプのものが主流でした。ジャスコとか、100円均一とか、駄菓子屋とかに置いてあったのです。これは、いまの時代だとスマホのガチャと似た快感だと思います。

単に勝つことが楽しいという面もあるのですが、カードゲームにはまっていくと、もっとマニアックな楽しみ方を見つけるようになります。それは、つまり『研究』に近い行為ですね。いままでのカードをすべて眺めながら、新しいコンボを考える、みたいなことです。僕は1日に何時間もカードリストとにらめっこをしていたことがあります。それくらいカードゲームに命をかけていたのですね。

昔はインターネットがそれほど流行っていなかったので、情報の伝わり方も遅かったのです。自分だけが発見したオリジナルのコンボ、みたいなものもたくさんありました。いまの時代、強いカード、強いコンボはすぐに広まってしまうことでしょう。すぐに環境の結論が出るものと思います。僕がプレイしていたゲームは人口も少なかったので、自分が第一発見者となることも多かったです。いま他のカードゲームをプレイしたとしても、新しいコンボを発見したりするのは、なかなか難しいでしょうね。たぶんプレイングを磨く方向性になるかと思います。

カードゲームは、実は非常に簡単です。上位プレイヤーのデッキと動きを真似するだけで、それなりに勝てるようになるからです。あとは、どれだけその日の運があるか、みたいな勝負になるので、本来は長期戦に向いたゲームなのです。ほとんどのカードゲームは、いま大会があるとしても1日限りのトーナメントかスイスドローだと思いますけど、何ヶ月もかけてリーグ戦をやるのがよろしいかと思います。

スマホゲーになったカードゲームとかも、全然プレイしませんね。もう昔やったからいいや、という感じでしょうか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です