『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』のプレイ動画を見た

こんにちは! 河東遊民です

今日は『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』について、ちょっと書きましょう。

まず、僕は昔、かなりゲームをプレイしていたほうだと思います。中高生のときは、本当に寝る間を惜しんでプレイしていました。有名な作品は、一通りプレイしていると思います。

ポケモンも、メインのシリーズは、ほとんどプレイしていました。サン・ムーンからあとはプレイしていませんが、それなりに知識はあります。一番プレイしていたのがBWの頃でしょう。XYとORASもそれなりにやり込みましたね。

我が家にはNintendo Switchがありませんが、まあ、新作もそれなりに気になっていたのです。そういうわけで、ちょろっとYoutubeで配信されている動画を見てみました。まあ、いつも通りのポケモンですね。たぶん普通に楽しめるとは思います

僕が最近のゲームをしなくなった理由のひとつは、とにかくロード時間が長いことでした。いえ、実際のロード時間は、ほとんどのゲームで短くなっていると思います。PSやPS2の時代には、ロードの長いゲームがたくさんありましたから。

問題はそこではなくて、リアルにしようとして動作に凝りすぎて、ゲームのテンポが悪くなっているところです。たとえば、ポケモンの場合、自分のポケモンを出すときにボールを投げて、そこからポケモンが出てきて戦闘がはじまります。初代の赤、緑はボールを投げる動作などなく、非常にスムーズに戦闘へ入れたのですが……。

ここが難しいところでしょう。リアルに寄せて動作を増やすことで、グラフィックなどの進化を見せられます。ところが、リアルに寄せて動作が増えると、途端にゲームのテンポが悪くなってしまうのです。演出に凝るのも良いけれど、ちゃっちゃとゲームを進ませてくれよ、とか思ってしまいます。まあ、僕みたいなせっかちな人間が多数派ではないから、こういう、一見無駄としか思えないような演出がゲーム中に組み込まれるのでしょう。

光や音、それにランダム性によって人間の快楽中枢を刺激するのがゲームです。昔の僕は、とにかくステータスが上がっていれば嬉しかったです。アトリエシリーズで最強の武器をつくったり、ディスガイアでひたすらステータスカンストを目指したり、とかですね。そういう作業が好きなので、演出はどんどんカットしてほしいのです。でも、そういうマニアックな人種は少ないので、もっと大衆に受けるようにデザインしたのが最近のゲームなのでしょう。べつに、どちらがゲームとして上というわけでもありません。ただ、僕の好きなゲームではなくなったな、と思っているだけです。もっと動作を簡略化して、ストーリーとレベル上げを素直に楽しませてくれる作品がプレイしたいですね。ちょっと前の作品ですけど、セブンスドラゴンとか……あれはグラフィックに凝ってなくて、操作性も良くて、なかなか良かったです。

うーん。ポケモンの話をあまりしていませんね。まあ良いか……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です