『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

小説のタイトルとか

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『小説のタイトル』についてのエッセイを書きましょう。

僕が小説を書くとき、まずはじめに決めるのがタイトルです。ここで、ばしっと良いタイトルが決まらないと、なかなか書きはじめられません。何が良いタイトルなのか、というのも難しいところです。意味がわからないけど、ちょっと気になるなぁ、みたいなものが良いタイトルだと思います。どうなんでしょうね。

作品の中身がわかりやすいタイトルのほうが良いという価値観もあると思います。長文系のタイトルがわかりやすいですね。僕は、そういうわかりやすいタイトルをつけたことがないので、そのうち挑戦してみたいと考えています。

まあ、どちらかというとマイナーを狙うほうが僕の戦略としては好みです。つまり、長文タイトルが多いときは、短くてばしっと決まるような変化球を投げたいです。逆に、作品の内容がわからないような、変なタイトルが増えてきたら、次は長文タイトルを試してみるかもしれません。

素晴らしいタイトルの作品は幾つもあります。気を抜くと、ついついそれらを真似してしまうので、どうにか過去の作品タイトルを思い出さないようにしないといけません。しかし、まあ、難しいですよね。ついつい似てしまうというか。良いバランス、良い音の言葉、流れというのは、すでに使われていることも多いです。

タイトルが良い作家というと、恩田陸さんとか、森博嗣さんとかでしょうか。ハヤカワSF文庫の名作とかも、もう、超弩級のタイトルばかりですよね。まあ、中身が良いとタイトルも良く見えてくる、みたいな現象もあると思います。結局は中身が大事なのですが、それにしてもタイトルって難しいですよねぇ……(難しいしか言っていない)。

僕がよくやってしまうのは、ダブルミーニングですね。最初のうちはAの意味なんだなと思わせて、最後まで読んだらBだったのか、みたいな。読む前はわからないが、読んだあとに納得できるタイトルとか。しかし、これって最初のインパクトは弱いような気もするのです。読む前に宣伝をバンバン打つタイプではなくて、読んだあとの口コミに期待するスタイルだと言えるでしょう。初動が大事ないまの時代では難しいかもしれません。

タイトルだけで売れそうだな、なんてわかる人はいないと思います。もしいるとしたら、ちゃんとデータを取っておらず、自分の勘が当たったときだけ数えているのではないでしょうか。結局、中身が良ければ、タイトルも良く見えてきたりするものです。タイトルにこだわらず、中身を頑張ったほうが良いかと……。とは言いつつも、やっぱりタイトルは、しっかり考えたくなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です