『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

今年は何も買わなかった

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『今年は何も買わなかった』というエッセイを書きましょう。

質問箱に、恐らくは運営からのものと思われる質問が届いたときに、考えてみたのですが……。最近、本当に何も買っていません。いろいろ考えてみたのですが、長らく買い物をしていませんね。ずっと同じ服を着ているからか、つい先日、知り合いから服をプレゼントされました。ユニクロで売っているパーカーです。着心地が良いので毎日着ています。これをもうひとつ買ってもいいかな、と考えているくらい。

あまりほしいものがないのです。すでに必要なものは揃っています。持っている道具が壊れない限り、このままの状態で5年くらいは暮らせると思います。服なんかも、破れない限りは着つづけます。靴下は穴があくまで履きますし……。靴も買いません。スーツ用の革靴が1足と、スニーカーが1足、それにサンダルが1足です。

お金に余裕があれば、また違うのでしょうか。

そもそも店に行かないので、ほしいものが思いつきません。テレビを見ないのでCMの影響を受けることもありません。インターネットで見る広告で、何かを買ったり……ということもないですね。

いまお金がたくさんあれば、パソコンを買い換えるかもしれません。しかし、いま使っているのは2016年の1月に買ったものなので、まだまだ現役で戦えます。たまに外出先でも使えるノートパソコンがほしいと思うときもありますが、そもそも、僕はほとんど外に出ません。宝の持ち腐れでしょう。タブレット端末もあったら良いなぁ、とは思いますけど、買ったから何か新しいことをはじめるのかというと、そういうわけでもありません。いまよりも、ほんのり便利になる程度でしょう。

僕は非常に幸せな人間で、必要なものは、ほとんど揃ってしまっています。何も壊れなければ、これから10年くらいは余裕で過ごせると思います。積んでいる本もゲームもたくさんありますから。

そういえばマキタの掃除機がほしいのですが、まあ、べつにいま使っているダイソンでも良いかな、とも思っています。バッテリーが弱っていますけど、我慢して待てば使えますし。そこまで掃除をしたいわけでもありません。

僕に限らず、多くの人が満ち足りている時代だと思います。本当にほしいものが、どれくらいあるでしょうか。流行っているからとか、他人に自慢できるからとか、そういう価値観ではなくて、本当に自分のほしいものだけを集めてみると、それほどお金が掛からないことがわかるでしょう。土地とか、人を所有したいとなると、なかなか大変でしょうけど。

そういえば、本はたくさん買ってますね。これは僕のなかで消費に区分されていないようです。不思議ですね。この1年くらい、本屋以外の店に入っていないかもしれません(スーパー、ドラッグストア、コンビニを除いて)。

べつに節約が好きというわけでもありません。毎日、自分の好きなことをして、楽しく過ごしています。この素晴らしい人生が、いつまでもつづけば良いな、と思いますけど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です