『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

どれくらい、どうやって稼ぐのか

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『どれくらい、どうやって稼ぐのか』というエッセイでいきましょう。

まず、生きていく上で、どれくらいのお金が必要でしょうか。ただ食っていけるだけのお金について考えてみたいと思います。家族がいない、単身者という設定になります。もちろん地域によって違うと思いますが、大雑把に計算してみます。まず、家賃が6万くらい、食費が3万くらい、ガス水道を含めた光熱費が1万円くらい、通信費がスマホとネットで1万円くらい、あとは消耗品が1万円+α、といった感じでしょうか。合計で12万円となりますが、まあ、貯金することや病気になったりすることも考えたら、月に15万円は最低でもほしいところでしょう。娯楽費なども掛かりますし。というか税金も払わないといけませんし……。

月に15万円となると、年収は180万円です。極々普通に会社員として働いていれば無理のない数字というか、僕の住んでいる地域では、月15万円というのは、給料の最低額くらいのイメージです。もちろん、労働時間が少なくて楽な仕事だから給料が低い、というパターンもありますけどね。

月15万円をフリーランスで稼ぐとなると、いろいろ難しいのです。毎月500円のメルマガを発行したとしましょう。まあ、本来はメルマガの発行手数料などで管理会社からかなり引かれるのですが、自分でシステムを構築して、全額が自分の手取りになると仮定した場合……。500円のメルマガが300人に売れなければ月15万円は達成できません

まず、有料のメルマガは1人に売るのでも難しいのです。それくらいの価値があるものを、毎月生み出していかなければなりません。500円あれば、たとえばニコニコ動画のプレミアム会員になれます。本を1冊買えます。Netflixの月額料金には少し足りませんが、それでも、Dアニメストアなら月額400円でアニメを見放題なのです。そういうコンテンツに勝てるようなもの、マニアックなものを提供していけるかどうか、非常に難しいところですよね。

僕はべつの名前で、最近、新たなビジネスについて考えています。そちらのビジネスがうまくいけば、こちらの名前と統合するかもしれません。まあ、いろいろ考えて、いろいろやっていくのがよろしいかと思います。1つダメなら次の手を打てば良い。それを繰り返していって、どうにもならなくなったら潔く……と思いますけどね。どうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です