『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

お金が無限にあったら?

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『お金が無限にあったら?』というエッセイを書きましょう。

まず、自分の夢を考えるときには『お金が無限にあったら、どうするだろうか』ということを考えてみると良いかもしれません。本当にお金が無限にあったら、なにをしたいでしょうか。もしかしたら、なにもしたくない、という人もいるかもしれませんね……。

先に書いておきますが、無限のお金があるけれど、それは自分のためにしか使えない、ということにしましょう。他人のために使うのは簡単ですから(家族に商売をさせて、それを買いまくって家族を儲けさせる、みたいなずるいことは考えないように)。

大きな家に住みたいですか。まあ、住んでも良いですけど、掃除とか面倒ですし、ホテル暮らしのほうが楽かもしれません。私だったら、まあ、田舎に家を買ってのんびり暮らすかもしれません。それほど大きな家でなくとも良いでしょう。日当たりが良くて、まあまあ都会にも近かったら良いですねぇ……。そこで犬とのんびり暮らしたいです。

昔から、もしお金が無限にあったらどうしたい? という質問を、知りあった人にしていました。多いのは旅行ですね。でも、なぜ旅に出たいのか、という質問をしても、なかなかまともに答えが返ってきませんでした。とにかく時間とお金が無限にあれば、人は旅に出たいようです。私は、家にいてのんびりしたいタイプなので、あまり旅には出たくありません。

たくさん趣味のものを買う、みたいな人もいることでしょう。しかし、お金が無限にあっても商品は無限にないわけですし、どう管理するのか、みたいなことも難しいですね。たとえば本を買うにしても、ほしい本はそんなにたくさんこの世界にないわけです。置き場所にも困りますし。置き場所を借りるにしても管理が面倒ですし。本ではなくてゲームなんかでも、そんなに無限には買えませんよね。ソシャゲのガチャだって、無限に金を使えたら、あんまり面白くないのでは……。

無限にお金があったら何をしたいでしょうか。結構長いこと考えているのですが、どうするのか、いまだにわかりません。たぶん仕事はやめるでしょう。田舎に引っ込んで、自分の思うがままに生きることになるかと思います。たぶん高校の理科を学び直したり、語学を学んだり、小説を書いたりすることになるでしょう。でも、べつにそれっていまでも出来ますけど。

うーん。1年間くらい、ぼーっと犬と遊んだり、本を読んだりしていたいですね。そういう時間があってもよろしいかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です