『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

売れなかった本を読んだほうが良い?

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『売れなかった本を読んだほうが良い?』という創作に関するエッセイを書きましょう

いやぁ、標準語って良いですねぇ。Twitterでは、ちょっと無理をして関西弁を使っているのですが、なかなか大変です。

先日、本がたくさん売れていらっしゃる方に実際にラノベってどれくらい読むんですか、みたいな話をきいてみたのです。そのときに教えてもらったのが、売れていない本を読むという方法です。どういうことなのか、簡単に説明しましょう。

まず、市場に出ている時点で、誰かが面白いと思ったはずなのです。作者は面白いと思っているでしょうし、編集者だって、なんの勝算もなく出したわけではありません。売れるかもしれない、という可能性を信じて出したはずです。しかし、売れなかった。なぜ売れなかったのか……ということを、その売れなかった本を読んで分析するわけです。そして良いところを吸収し、ダメなところは真似しないようにする。そうすることで売れっ子になった、みたいな話をききました。

えっと、いろいろな方法論がありますから、この意見を完全に受け入れてしまうのも違うと思います。何度も書いてますけど、いろいろ試してみるのが良いと思いますよ。まったく本を読まないようにしてみたり、売れている本をたくさん読んでみたり、売れていない本を読んでみたり……。そのうち、自分にとって良さそうな方法が見つかるでしょう。

あと、売れた売れないは、結構難しい話だとも思います。これは僕のなかで、あんまりまとまっていない思考です。本が売れるかどうか……いや、すべての商品が売れるかどうかは、大部分が『運』だと思っています。本だったら、6割が運で、内容とか絵とか、すべてあわせて残りの4割ではないでしょうか。運が悪く、どうあがいても売れないという状況もあると思います(たとえば発売日に大震災が起きたりとか)。運の比重が高いから諦めようという話ではなくて、運ではなく実力でなんとかなる4割のほうに全力を出したほうが良いという話でした。もしかしたら運が7割かもしれませんけどね。

僕はこの前も書きましたけど、今後出る新シリーズを読んで売れるかどうかを分析する、みたいな感じで読んでいこうと思います。これが絶対に正しいとも思いません。ちょっとやってみてダメだと思ったら違う方法を考えます。ひとつの考えに縛られることなく、柔軟に対処すると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です