『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

Evernote難民

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『Evernote難民』という記事を書きましょう……。

Evernoteというアプリは御存知でしょうか。PC、スマホ、タブレット、どの端末でも同期できるノートアプリですね。小説の設定なんかを書き散らすのにたいそう便利でした。昔は。軽かったし、同期も早いし、広告なんかもなかったし。ところが数年前から(?)、プレミアムで料金を支払わないとまともに使えなくなってしまったのです。ちょっと制限がきつくなって、なんだかなぁ、という感じです。

そういうわけで、Evernoteの代替となるソフトを探す旅がはじまったわけです……。

まず一番有名なのは、Microsoft社のOne Noteでしょう。Officeシリーズについてくるやつです。一応、いまは小説の仕事で必要だから、月1000円くらい払ってOfficeシリーズを使っています。正直、そこまで使わないのですけど、まあ、仕方がないかな、という感じ。One Noteの話に戻りますけど、Officeにありがちなことで、もう、とにかく重い! 動作が軽くないんですよ。本当にMicrosoft社の人はOfficeシリーズを使っているんでしょうか……。重くて許せるのはExcelくらいですよ。本当に……。ペーストのときとかが本当にダメですね。右クリックしただけでプチフリーズします。これはパソコンのスペックの問題ではないように思いますが……。

次にしばらく使っていたのがGoogle Keepです。これはノートというよりメモアプリですね。動作は軽いし、まあまあ良いんですけど、なんか付箋みたいな感じで並んでいるのが気にくわないというか……。Evernoteみたいな感じで並んでてほしいんですよねぇ。使いやすいのは使いやすいです。ただ、メモを管理するのには、あんまり向いていないような……。うーん。どうなんでしょう。

いま使っているのはSimple Noteというものです。これは昔のEvernoteに似た感じで使いやすいです。デフォルトでダークモードがあるのも良いですね。Windowsでもスマホでも使いやすいです。しばらくはこれを使っていこうかと。Evernoteとの大きな違いは文字の装飾ができないことでしょう。フォントサイズを変えたり、色を変えたりできません。この機能がほしい人にとってはダメですね。

まあ、Evernoteを使っている人は過去の遺産がたくさんあって、なかなかそこから抜け出せないんですよね。頼むから昔のEvernoteに戻ってくれよ、と思ってしまいますが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です