『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

やりたいことが多すぎる

こんにちは! 河東遊民です。

今回は『やりたいことが多すぎる』というエッセイを書きます。

人生において、やりたいことがあるって結構幸せなことだと思うんですよ。何もやりたいことがない人って、なんのために生きているのかわからなくなりませんか? 僕は、かつて、なんのために生きなければならないのか、わからなくなっていた時期がありました。

何をやれば良いのかわからないときは、とりあえず動いてみることでしょう。何か行動をしてみると、次のやりたいことが自然と生まれてきます。どんなことでも良いですが、とにかく楽しいこと、最初は面倒でも、そのうち楽しくなりそうなことを選ぶと良さそうです。また、他人のことは一切気にしないほうが良いでしょう。その行動をしたことで他人にどう見られるか、なんて考える必要はありません。自分にとって(法を犯さない範囲で)楽しければ、それでよろしいかと。

僕は直近でいえば、小説を書きたいし、プロットをつくりたい、本を読みたいし……といろいろあります。これはやろうと思えばできることですね。もうちょっとお金と時間があれば、音楽をつくりたいし、あと動画なんかもつくれるようになりたいですね。絵も描けたら良いなぁ……。プログラミングもしたいし……。まあ、これも今からはじめたら良いと思うんですけど、そうは言っても優先順位とか、いろいろあるわけでして。

本当は語学もやりたいんですよ。いまやりたい言語は英語、スペイン語、ノルウェー語、中国語ですね。まずは英語をある程度のレベルにあげてからと思っていますが、最近はやりたいことが多すぎて語学の勉強に時間が回せていません。いまは、もっとお金と時間に余裕を持てるように小説のほうに注力しています。

犬も飼いたいし……。あとはゲームの実況動画とかもあげてみたいですね。ラジオとかもやってみたいかも。でも、これは現在の環境を変えなければならないので、もっと先のことになるでしょう。

ここまで書いてわかるのは、他人にまったく期待していないところですね。強いて言えばゲームの実況動画とか、ラジオとかは他人の反応が関係しますね。小説もかな~。

細かいことを言えば、やりたいことは、もっとたくさんあるんですけどね。映画を見たいし、いろいろな科目を勉強したいし。最近、地学とかやりたいな~とかね。旅にも出たいし、キャンプにも行きたいし……。

そういうことを考えていると、もう、時間がいくらあっても足りません。お金もないし時間もないし。遊んでいる暇がないんですよね(というか、遊ぶことに全力を出しているのか?)。興味のないテレビを見る時間がないし、インターネットで遊んでいる時間もないし。人間関係も、なにもかも、どうでも良くなってくるんですね。

ひとまず目の前のタスクをひとつずつこなしていくしかありません。何かをはじめると、どんどんやりたいことが増えていきます。楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です