『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

やらなければならないこと

こんにちは! 河東遊民です。

今回はエッセイを書きます。昨日の記事『やりたいことが多すぎる』のつづき(?)かもしれません。

昨日はやりたいことについて書きましたが、今度はやらなければならないことについて書きましょう。

まず、食事とか、睡眠とか、トイレとかは、僕にとってはやらなければならないことです。食事はしなくても良いならしたくありません。時間の無駄だと思います。睡眠は、夢を見るのは面白いですが、まあ消費する時間のわりに楽しめる時間が短いかと。あと、すぐに忘れてしまいますし。トイレは面白くないし面倒くさいだけです。風呂も同じかな。

僕とは違って、食事や睡眠に快楽を見いだす人も多いでしょう。人それぞれ違ってよろしいのではないでしょうか。もしかしたらトイレに快楽を見いだす人もいるかもしれませんし……

仕事は、やらなければならないことですね。べつにやらなくても良いのですが、お金がないと生きていけませんから……。我慢して働くしかありません。仕事というのは、半分くらいは人間関係の不満を我慢することでお金をもらっているようなものだと思いますね。僕は、基本的にはすごく我慢するタイプです。ただ、他の人には、すごく怒りっぽい人だと思われがちです。99の不満を我慢して、どうしても我慢ならない1の不満を口にしているだけなのですが……。ままならないものですね。

あとは家族関係ですね。これは、ある人とない人がいるでしょう。僕はあるほうだと思います。詳しくは書きませんが、いろいろ時間を使わなければなりません。それでも、それは生まれ持った条件なので仕方のないことです。諦めたほうがよろしいかと

部屋の掃除なんかも、全然やりたくないですけど、毎日やっています。料理とかもですね。最初は全然できなかったのですが、毎日やっているうちに、少しずつ得意になってきました。

やりたくないというほどでもないですが、日記を書くのもやりたくてやっているわけではありません。毎日やっていると、他の人からは、やりたくてやっているのだな、と勘違いされることもあるのですが……。僕にとってはトイレとか食事とかと同様の行為です。あるいは仕事かな? Twitterも同じかな。やらなくて良いならやらないほうがよろしいかと……。

運動も毎日20分しています。これもしたくないのですが、したほうが健康に良いし、思考も明晰になるので行っています。運動は、まったく面白くありません。まあ、大きな得のために小さな損を我慢して受け入れているわけです。

葬式とか結婚式は、呼ばれてもいかないことにしています。そんなことをしている時間がもったいないですからね。自分の葬儀も開いてほしくありません。他の人の時間やお金を奪うほどの価値はないかと。

時間が足りない人は、まず人間関係を削ったほうが良いと思います。本当に必要な人間は、それほど多くありません。3ヶ月に1度くらいメッセージを交換すれば十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です