『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

日記を書けていない理由

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『日記を書けていない理由』というエッセイを書きましょう……。

最近、まったく日記を書けていません。理由は簡単で、日記を書く時間がないのです。いま、ちょっとプロットが良いところなので、ほぼすべての時間をプロットに割り振っています。その影響で、なかなか日記を書く時間が取れないのですね。あと、プロットのことばかり考えているので、日記のネタを考える時間もありません。そういうわけで過去の記事を転載しているわけです。

日記を書くのに必要な時間は、およそ30分くらいです。文字を打つだけなら10分くらいで出来ますが、ちょっとネタを考えないといけないし、どの文字を太くするかとか、画像をつくったりとか、そういう細々とした作業をしているうちに時間が過ぎていきます。べつに書かないといけないわけでもないのです。誰と約束をしたわけでもありません。それでも更新をつづけているのは、単なる意地でしょうね。自分に負けたくない、みたいな。マラソンみたいなものだと思っていただいてよろしいかと。自己満足です。

日記と同じくらい面倒なのが小説家になろうとNovel daysの更新作業です。毎日こつこつやってます。数日分まとめてやるときもありますが、まとめてやったあとの更新を忘れがちなので、毎日やってます。毎日やっていても忘れます。昨日忘れました。これも日記と同様、誰にも求められていない作業です。更新が途絶しても誰も気にしないでしょう。自己満足です。しかし、まあ、自分にとって得になると思うからやっています。

日記の話に戻ります。もしかしたら、もっと更新頻度を落とした上で、クオリティの高い記事を書いていくことが大事なのかもしれません。その可能性もあります。しかし、いまは毎日更新して、その勤勉さを含めて好きになってもらおう、みたいな姑息なことを考えているのです(ばらすな)。うーん。どうなんでしょうね。

あとはNoteに移住しようかな、というアイディアもあります。ただ、やはりよそのプラットフォームでやると、自由度が減るのも事実です。いろいろ書けないことも出てくるかもしれません。ここは僕が管理しているスペースなので、何を書いても良いのです。画像なども自由に載せられますし。表現の自由が完全に担保されている空間なのですね。

まあ、本が出たら、もうちょっと日記にアクセスしてくれる人が増えるでしょう。そのときのためにも、こつこつ記事を書いていきたい所存です。ちょっと創作系のエッセイが多すぎると思うので、バランスを取って、いろいろ書いていきたいものですが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です