『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

Cost of Living Indexを見て夢想する

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『Cost of Living Index』というサイトを紹介します。

Cost of Living Index』とは、つまりリビング(生活)のコスト、生活費の指標という意味です。どの国に住んでいたら、どれくらいの生活費が必要なのか、ということを示してくれます。

日本は、かなり生活費の高い国です。国別でいくと、スイス、アイスランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、デンマーク、シンガポールの次で、日本は7位になっています。ちなみに8位がアイルランドで、9位が韓国、10位がオランダらしいです。

もし、小説が大当たりして、年に300万稼げるとしましょう。小説を書くのは、日本にいなくともできる仕事です。それであれば、300万円を日本で使うよりも、他の国へ行って使ったほうが、裕福な暮らしが出来るかもしれません。そういうことを、ついつい妄想してしまうわけです。日本にいないとできない仕事に就いていると、なかなか難しいですけどね。

逆に生活費の低い国というのは、政情不安定だったり、危険な地域だったりします。ワースト10を紹介しておくと、ワースト1位から順番にパキスタン、インド、チュニジア、エジプト、コソボ共和国、ウクライナ、ベネズエラ、ウガンダ、アゼルバイジャンです。このなかだと、僕はウクライナが良いですかね。まあ、ロシアとかなり緊張した状況ですけど……。

このサイトでは、Crime Index、つまり犯罪指数も取り扱っています。犯罪指数、日本は堂々の1位です。ちょっと誇らしいですね。安全な国5位のジョージア(かつてのグルジア)は、生活費の低い国12位なので、生活費が安い割に、なかなか安全な国だと言えるでしょう。でも、グルジア語って……とか思うわけですね。為せば為るでしょう。きっと……。

英語が公用語の国だと、フィリピンは生活費が安いですね。犯罪指数だと49位くらいで、まあ、普通……でしょうか。そういうことをいろいろ考えて、将来的に住むならどこが良いかな、とかを夢想するのが楽しいですね。とりあえず家族がいなくなったら考えましょう(わあ)。ビザとかもありますしねぇ……。あとは気候も大事ですね。僕は温かい国に住みたいです(ウクライナはダメじゃん)。

あとは日本国内での移住も、いろいろ考えています。宮崎とか良いですよね。気候も良さそうですし。とにかく晴れの日が多い場所に住みたいです。

最後に少し。いまは日本円がそれなりの立場を保っているから良いものの、今後も同じ状態がつづくとは限りません。現在の300万円が、将来も同じ価値を持っているとは限りません。いろいろなことを考えて、もっとも良い道を選ぶと良いでしょう。

いつまでも日本にいて良いのか、ということは常に考えています。一応、自称、自由人ですからね……。まだまだ日本に居つづけるつもりですけど。いま考えている幾つかのプロジェクトが、たまたまうまくいったら、もしかしたら……という感じでしょう。こういう選択肢を、一応持っているのと持っていないのでは大きく違うと思いますね。自分にとって過ごしやすい場所へ行けばよろしいかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です