『傀儡のマトリョーシカ』が4月30日頃に講談社ラノベ文庫より発行されます!

とにかくダメな日

こんにちは! 河東遊民です。

今日は『とにかくダメな日』というエッセイを書きましょう。

毎日コツコツ努力をつづけることを目標にしていますが、たま~に何をやってもダメというか、何もできない日があります。そういう日もあるのが人間というものでしょう。今日はダメダメな日でした。何をやろうとしても空回りをするというか、そもそも動く気が起きない日というか。

何もやる気が起きないときの対処法は、こつこつと目の前の作業をひとつずつこなしていくことです。机の上を掃除してみたりとか。あとはタスクをしっかり文字に起こして、ひとつずつ消化していくしかないですね。いやぁ、わかっちゃいるけど……。

このブログもぎりぎりに書いています。締め切りぎりぎりで動くのは、本当に良くないのです。もっと時間に余裕を持ったスケジュールで、悠々自適に過ごすのが目標なのですが、ちょっと気を抜くと、すぐダメになってしまいます。私は、もともとスケジュールを全然守れない人間なのです。しかし、明日からはしっかり頑張っていきましょう。

明日もちゃんと更新できれば、日記を3ヶ月書きつづけたことになります。1日1000字ほど(たまに長い記事もあるけど)を90日くらい書いてきたわけで、9万字は越えています。こんなに無駄な文章を大量に生産して、いったいなんの意味があるのか、という人もいるでしょう。時間の無駄だと思う人もいることでしょう。私もそう思いますけど……。ほんの少しは、思考の欠片を見ていただけたかな、と思います。

大事なのは、ダメな日がつづかないようにすることですね。ダメだったなぁ、と思った段階で、次の日にどうするのか、同じ過ちを繰り返さないようにするには、どのような対処があるか。そういうことを考えると良いのではないかと思います。ということで、考えます……。

とりあえずね、やっぱりスケジュールをつくって、その通りに生きないとダメだな、と思います。朝の9時からは何をするとか、そういうことですね。できる限り予定外の時間をなくして、機械のように正確に生きていきたいものです。そうすることこそが自由だと思います。あんまり理解されないかもしれませんが……。これについては、またいつか書きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です